HOME >学科紹介 >畜産科学科トップページ

畜産科学科

本校畜産科学科教棟畜産加工室にて「畜産フェア」開催中!


本校生産物、オリジナル加工品等を販売します!
毎月第2・第4日曜日(11時~12時まで)


※学校行事等の都合により開催されない場合があります。また、取扱商品について は時期により異なりますのでご了承願います。詳細につきましては事前にお問い合わせください。

畜産科学科直通 042-772-0256

畜産科学科ニュースへ

 

トップページ
生徒・卒業生の声
授業風景
アルバム
課題研究
相原牛プロジェクト
相こっこプロジェクト


中学生の皆さんへ メッセージ


私たちの生活に深い関わりがある動物たち。皆さんの身近にいるイヌやネコなどの愛玩動物、見えないところで私たちの生命を支えるマウス等の実験動物。そして忘れてはならないのが、私たちの衣・食を支える牛・豚・鶏等の家畜たち。 畜産科学科では、恵まれた環境、充実した施設のなか、畜産について実験や実習を通しながら学ぶとともに、ひろく動物や農業全般について学習することができます。農業・畜産あるいは動物に興味のある方、将来畜産に関する仕事がしたい人、こつこつと何事にも努力できる人、広い視野で現実を受け止め学ぼうとする意欲のある人を畜産科学科はお待ちしています。

募集定員39名

このページのトップ▲

科の目標


将来の畜産や動物のスペシャリストを育成することが目標です。そのために必要な動物の生命現象の本質を追究する生命科学と生産物の生産から流通までの食料生産を追求する生産科学、さらには動物と人との共存およびその社会的機能に関する知識・技術を習得し、畜産科学に対する高い意識を身につけ、地域社会に貢献できる創造力豊かな人材育成をめざします。

科の特色

a.畜産科学に関する実験・実習を中心としたカリキュラムとなっています。

b.約1haの実習圃場を生かし飼料作物、野菜などの栽培に関する実践的な知識・技術の習得にも力点を置いています。

c.近年関心が高まる愛玩動物や野生動物など、畜産周辺分野についてもひろく学習できるよう、配慮しています。

d.行政機関、近隣企業等と協力し、先進技術に触れられる機会を設けています。近年は県畜産技術センターにご協力いただき、乳牛や肉牛の受精卵移植の実践を行っています。また、近隣の食肉加工会社のご協力のもと、学校産牛肉、豚肉、鶏卵等の販売、PR活動も行っています。

e.都市部に立地する農業高校という利点を生かし、地域に開かれた環境づくり、及び実践を行っています。「ふれあい動物広場」の設置、近隣小学校との交流活動の他に、近年は広大な実習畑にコスモスを栽培し、地域の景観改善をはかっています。

このページのトップ▲

特色ある科目


科 目
内 容
畜産 産業動物とその飼育管理方法について学びます。
総合実習 産業動物の飼育管理や、畜産加工、飼料作物栽培実習を行います。
農業科学基礎 家畜の飼育管理や生産物の加工や野菜、飼料作物の栽培等の実習を行います。
課題研究 農業全般に関してテーマを設定し、自ら課題を解決する科目です。
畜産技術 産業動物に与える飼料の特性や飼料設計、最新のバイオテクノロジーについて学ぶ科目です。
動物科学 実験動物や愛玩動物、野生動物等動物全般について学びます。
農業と環境 農業と環境に関する基礎知識と技術を身に付ける科目です。
畜産実験 家畜の繁殖・生理学的実験や飼料成分分析を行う実験科目です。


畜産科学科ニュースへ